暁光

閉じ込めたのは
海原を駆ける
軽やかな光

[ 閃光(せんこう) ]

それは、闇夜を切り拓き、 新しい一日の始まりを告げる光。
夜明けの希望の光。

これから新しいことが始まる時、

または、自ら何かを始めようと決意した時、
自信と希望に満ちた気持ちとともに、

この暁光(ぎょうこう)を楽しんでいただきたい。

雪深い山形において、奥羽山脈から流れる冷たく清澄な水と、
透き通った空気の中で育った酒米を使用し、
蔵人の手によって、大切に醸されたこの日本酒は、
そんなシーンで飲むのに相応しい仕上がりと自負しております。

        

これから始まる新しい時代に、そして、その一日一日に、
暁光(ぎょうこう)が明るい彩りを添えられることを願って。

楯の川酒造六代目蔵元 
佐藤淳平

引き出される米の個性

冷涼な気候で活きる
「特別栽培美山錦」

農家の方々と直接契約を交わし
共に育て上げた[ 特別栽培 美山錦 ]。
一九七八1978年に長野の地で生まれたあと
冷涼な気候に適したその栽培特性から
東北の酒造りに深く関わってきた酒米です。
美しい酸と心地よい苦味を持つこの米を
華やかであり軽やかな食中酒を目指した
[ 閃 光 ]の原料として選びました。

磨き出す美しい酸の輪郭

酒米の個性を引き出すため
自社精米にこだわってきました。
[ 美山錦 ]精米歩合十八18%。

硬くて精米することが難しい
この酒米を約2週間もの間
丁寧に丁寧に磨き続けます。
高精白でないと表現できない
上品でありながら爽やかな
酸の輪郭を削り出しました。

食事に寄り添う上品な辛口

一九〇190年続く酒蔵の歴史に慢心せず
醸造の技を革新し続けています。
精米歩合二十20%以下の酒造りで培われた
繊細な感覚と卓越した造りの技術。

シャープでありながら滑らかな酸を
穏やかな甘みと香りで際立たせました。
引き算の発想で味わいの要素を絞り込んだ
食事に寄り添う辛口の日本酒です。

大切な誰かとの
食事に華をそえる日本酒

SAKERISEがお届けする
第二の光[ 閃光 ]。

精米歩合二〇%以下の高精白に
取り組んできた楯の川酒造の
新しい食中酒のご提案です。

庄内の青い海原を駆ける
一筋の儚げな光をのような
美しく透き通った味わい。

柔らかくも芯がある酒質が
お食事の個性を引き立てます。

長年のパートナーとの記念日に
親睦を深める大切なお食事に
お淑やかに華を添える[ 閃光 ]を。

TASTING COMMENT ソムリエ山内氏が語る「閃光」

日本酒の楽しみ方は、決して一つではない。

SAKERISEでは、造り手の想いを届けると同時に、各分野のプロフェッショナルにテイスティングコメントをいただくことで、幅広く奥深い日本酒の魅力をみなさまにお届けします。

テイスターのご紹介

山内 祐治

湯島天神下 すし初
アカデミー・デュ・ヴァンSake Diploma 講師
第1回J.S.A. SAKE DIPLOMAコンクール 優勝
今回、テイスティングコメントを頂いたのは、江戸前のお仕事とお酒との融合を実践する、湯島天神下 すし初の四代目、山内祐治氏。
山内氏は、J.S.A.sakediploma コンクールの初代優勝者であり、アカデミー・デュ・ヴァンにてSake Diploma講師を務められています。

外観は、透明感があり、
淡い輝きをもつクリスタル。

躍動的に立ち上がるルビーグレープフルーツ、柔らかく広がる和梨や花梨のコンポートとつきたての餅の香り。 陳皮(みかんの皮)、乾生姜といったオリエンタルスパイスに加え、木の芽(山椒の新芽)の清涼なアクセントも感じます。 空気との接触が進んでいくことで、桜の葉や海風の香り(ヨード)がほのかに漂い始めます。

清らかな口当たり。

瞬く間に端正な骨格が浮かび、その内側では抑えられた甘み、しなやかな酸味と緻密な旨味が絶妙に絡み合います。

壮大なスケール、それでいてどこか抱擁されるような温もり。

ひんやりと澄んだ朝の空気、海、大地、生命を柔らかく包み、明るく照らすようなダイナミズムを覚えます。

おすすめの温度は10℃。 中庸の白ワイン用グラスにて。

例えば、ロブマイヤー/ バレリーナⅣ、ザルト/ ユニバーサルグラスなどで飲んでいただくのがおすすめです。

昆布巻きで調理した、 蒸しアワビと。

昆布の旨味成分であるグルタミン酸が、潮風、磯の香りを感じさせるアワビのヨード香と結びつく、和食の知恵と技術の結晶。 「暁光」が放つ魅力と溶け合い華麗な世界が開くことでしょう。

山形牛フィレのステーキを岩塩でシンプルに、山葵や茗荷を添えて。

山葵や茗荷を添えることで「暁光」のスパイスや清涼感との接点が増え、面のペアリングに近づきます。 脂質に寄り添い甘みを引き出す酒質は、余韻に品格を与えるでしょう。

OTHER GYO-KOU TASTING COMMENT その他のソムリエのコメント

ソムリエ山内氏が語る「暁光」の味わい

日本酒に灯す、光

この無色透明な液体の中に、
いくつもの光が、
いくつもの色が、隠されている。

水、土、米、微生物、そして人。
関わるすべてが共鳴し合い
庄内の地で醸される7つの光。

始まりとしての赤、[ 暁光 ]。

SAKERISEが灯す
日本酒の光をご賞味ください。

MAGAZINE

OTHER LINEUP